巣立ってから「空になる人」「ならない人」の決定的な差

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

みなさんは「フェアトレード」
という言葉をご存知ですか

 

 

発展途上国にお金や物資を
与えるのではなく
仕事を提供しそこで生産されたものを
公正な価格で取引することが
サポートに繋がると考えられた
ものなんですね

 

仕事があることで
生きる希望が持て
働きに応じた金銭を受け取ることで
生活が成り立ち

上質なものを作ろうという
向上心も上がり
実行することで金銭も上がり
生活水準も上がる
ということなんですね

 

このような自立を促す方法が
あるんですね

 

ただ単に寄付するだけでは
物資に頼ってしまう
与えられることを期待してしまうため
自立には導けなかったため
生まれたものなんだそうです

 

 

つまり、物資を与えるだけでは
自立心を邪魔して
依存させてしまうのですね

 

402676a904252699d7552d9fcafba1ed_s.jpg

ホメオパシーで
頼る・依存する場合に
アプローチできるのですよ

 

 

それは依存心に対する
レメディーというのがあるのですよ

 

 

 

それはPuls.西洋オキナ草
ポーサティーラです

 

 

これは、断乳するときや
入園入学に役に立つんです

 

お子さんだけでなく親御さんも
離れていく寂しさを感じる
こともあるかと思います
ですので一緒にとるといいですよ

 

 

また、子どもを育てることに
人生をかけてしまった方
母親の燃え尽き症候群である
空の巣症候群というものが
あるんですね

1279147.png

お子さんが自立する時期は
更年期と重なる方も多いので
身体に不調を感じる方も
多くいらっしゃるんですね

 

子育てという生きがいをなくし
役割の喪失
空虚感や寂しさを
強く感じることもあるんです

 

 

そうして無気力、無関心になったり
自分は必要とされていないという
自信の喪失へ繋がることも
少なくないんですね

 

 

そういう場合これから
ご自分の人生を歩むために
誰かのために生きる
誰かの期待に応える
のではなく、
自分のために生きていくことを
目標にする必要がありますよね

 

では誰かのために生きる癖
それはどこから来ていると
思いますか?

 

 

それは、ずっとずっと幼い頃の
親の期待に応えるところから
きていることがほとんどなんですね

 

 

そこにどうやってアプローチしていくのか
それについては
次回お話させていただきますね