悲しい時に泣かないと、こんなことに!

Pocket

みなさん、こんばんは♪

今日は、祖母の7回忌でした。
名古屋にいる姉も帰省して、、
従妹家族含め15人程が集まりました。

こういう時でないと、
なかなか集まれないですよね。

お墓のお供物を姉と考えていた時に、
祖母って何が好きだった?
「う~ん・・・・・お酒?」(苦笑)

印象に残っているのは、
蛇が漬かっている焼酎や、
カリン酒や梅酒など、
豪快に何かを瓶にいれ焼酎で漬けていたものを
飲んでいた記憶です。

ce3b059ba02c3956722612af5c0c3509_s.jpg

今生きていたとしたら、
102歳、福島育ち。
いろいろな保存食を自宅で作るのは
当たり前だったのでしょう。

余談ですが、目をつぶって口を開けてと、
蜂の子やイナゴの佃煮を
食べさせようとする祖母でした。

私は、なんとなく危険を感じ、
口を開けなかったので、
両方食べずに済みました(笑)

そして、ハブ酒やかりん酒も、

民間療法ですよね。
このように、昔の日本は民間療法が日常に
当たり前にあったんですよね。

7b092eccd408087ece6f4923dbd3186b_s.jpg

95歳で亡くなり、今回は7回忌ですから、
しんみりとするというよりは、
祖母の思い出話をしたり、
ほっこりした雰囲気でした。

しかし、故人の亡くなり方や、
年齢によっては、何年経っても
悲しみが癒えない場合があります。

そんな時には、
悲しみのレメディーNat-m.

ネイチュミュアです。
岩塩からできています。

1372152.png

この人は、人前では泣きません。
涙を流していないので、
身体の中に涙が溜まっていきます。
ですから、むくみます。

そういえば、とっても悲しい出来事なのに、
なぜか涙が出なかったという方は、
とってみてくださいね。

また、急性の悲しみにはIgn.イグネシア。
イグネシア豆から作っています。

悲しい時に涙を流すことが
一番自然ですね。

また、泣くのをぐっとこらえると、
眼圧があがります。

眼圧が高いって方、
悲しい時にきちんと泣けていたか、
思い出してみて下さいね。

予告.jpg

今月リリース予定の
プレゼント電子書籍

『夏の外遊びハンドブック』
 虫刺されVer.

このメルマガを呼んで下さっている
みなさんには
いち早くお届けいたします。

もう少し、お待ちくださいね(^-^)