思い癖と「症状」が無関係と言えない訳

Pocket


「食べすぎ」個別相談会
1席キャンセル

出ました!

 

みなさん、こんばんは♪

 

 

キャンセル1席出ました

「食べすぎ」の個別相談会
ご予約はこちらから↓

https://aile-yoko.com/?page_id=1666mm108

 

今日はどんよりした天気の
東京下町です。

 

 

どんよりしたお天気だと
のんびりペースになりませんか?

 

晴天の時のような
朝からやるぞ~
というのとは違うんですよね

 

それは
やる気と日光が関係
しているからなんですね

90721879c25b72589755d395ad7c4537_s.jpg

日光を浴びるとセロトニン
分泌されてやる気が出ます
反対に、セロトニンが欠乏すると
やる気が出なくなるんですね

 

 

なので、曇りの時は
やる気が出なくても
自分を責めずに
この曇りの何とも言えない
マイペース具合も楽しんだら
いいのではと思うのですね

 

曇りモードになってる自分は
ダメだと自分を責めると
実は更にやる気が出なくなります

 

自分を責めること
それは自己免疫力を
低下させることに繋がるんですね

 

そして、満たされない心
癒されない自分が
心の奥深くに内在して
人生を複雑にしやすく
なるんですね

 

 

そこには感情の抑圧
存在するからなんですよ
この感情の抑圧が
様々な症状と絡み合っている
からなんですね

 

思い込みによって
自己治癒力が乱れて
極めて重い病気が生じる
ことがあるんですね

 

つまり、毒が入ることだけでなく
思い込みによっても
様々な症状が出るですね

 

例えば、罪悪感を感じ
自分を責め続けたとします
そうすると食欲が落ちたり
やる気がでなくなったり
眠れなくなったりします

6f062e13d8e25698331384d5fcb20af0_s.jpg

そうすると、
更に新しい症状が生まれてくる
のですね

 

ここで解決するべきことは
今出ている症状にアプローチすることと
根本にある罪悪感ですよね

 

 

症状はその人の
考え方・考え癖によっても
生まれることがあるんですよ