「不登校」になる前にママに知ってほしいこと

Pocket

みなさん、こんばんは♪
 
 
 
東京は夏日の予想
暖かくなるのが年々早まっていますね
 
 
天気がいいからとババチャリを走らせて
街まで行ってきたんです
 
 
それは市役所へ転居届を出すため
 
 
ここ安曇野に居るのも
あと1週間ほどです
 
 
49年住んだ東京下町から
お山へと越してきて
 
 
環境がガラッと変わることで
反応した心身に対し
いろいろレメディーを使いました
 
 
今度は暑い所へ行くので
どうなるでしょうね
 
 
よく妊娠をきっかけに
レメディーを使いました
という方が多いのですが
なぜか過去形なんですね
 
 
20年使ってる私からすると
せっかく出会ったのにもったいない!
 
 
一生使えます
いや、世代を超えて親から子
子から孫へ使えます
1124860.png
 
 
人や時代は
ずっと同じではいられない
 
 
そんな変化に適応できない時にも
心身ともに使えるからです
 
 
 
新学期、新年度が始まり
気力で行けていても
疲れが出てきたり
 
 
ストレスの影響で
身体に出てきやすいのが
これからです
 
 
5月病なんていいますよね
 
 
なので体調を崩してしまう前に
おかしいな?と思ったときに
レメディーを使ってみて下さい
 
 
病気にならないと対処できなかったり
検査で結果が出ないと対処できなかったり
しますが
 
 
 
ホメオパシーでは
起こる前に使えるのも魅力の1つです
 
 
「あれ、おかしいな」と思ったら
ホメオパシーですよ~
 
 
 
 
先日、お話を伺った方のお子さんは
同級生が喧嘩になりそうになったのを見て
お腹が痛くなってしまったそうです
2129554.jpg
 
病院では整腸剤を出されたそうですが
それでは解決しませんよね
 
 
 
その子が感じたことに対して
レメディーを選んで使う事で
 
 
今後、同じようなことが起こった時
影響を受けることを
最小限にする可能性があります
 
 
 
そのためには
その子が何を感じているのか
周りの環境に影響を受けやすいのか
見ていく必要がありますよね
 
 
 
伝えることができないお子さんでも
お母さんがあたりを付けて
レメディーを与えることができます
 
 
そのレメディーが違っていても
別のレメディーを選び直せばいいんです
それは副作用が一切ないからできます
 
 
このようにすることで
必要のないお薬を
身体に入れる機会が減っていきます
 
 
GWの休み明けに
学校に行きたがらない。。。となる前に
レメディーで対処してあげませんか?