ゴホンといえば?

Pocket

みなさん、こんばんは♪

シンポジウム参加のために、
東京から京都に来ていたのですが、
夕方頃から、喉のイガイガする感覚
気づきました。

みなさんは、そんな時どうしますか?

私は、自然療法のホメオパシーの
レメディーをすぐにとるんです。

小さな瓶に入っているので、
場所も取らないし、
持ち運びができるので、
いつでもどこでも
とれて便利です。

喉の痛み、初期の炎症には、
アコナイトというレメディーが同種なんです。

アコナイトは、
トリカブトから作られているんです。

えーっ!
トリカブトって猛毒じゃないんですか?
って思うかもしれませんが、
物質がないところまで薄めている
から大丈夫なんですよ。

それをとってから、喉のイガイガが
スッとなくなりました。
その後は、大量の鼻水が出ています。
ティッシュ1箱を空にする勢いです。
38a43a4b2f46c5ace2f2ef861d80fead_s.jpg

シンポジウムの会場では、
豊受自然農という会社が出店していて、
新商品の試飲もできたんですね。

ホメオパシー理論に基づいて作った
野菜や果物から作った酵素が
新発売されていたので、
いくつか試したんです。

おそらくその試飲のうちのどれかに
ヒットしたみたいで、
喉のイガイガとなったと思います。
(あくまで私の予想です)

ホメオパシーは、自分の中に何もなければ、
何事も起こらずに流れていきます。

反応したということは、
自分の中にもレメディーのエネルギーと
同じ要素があるということなんですね。

今回は、デトックスという形で、
反応しています。

しかし、大量の鼻水が出ている
のにも関わらず、
気持ちは楽なんですね。

ハート.jpg

これが、好転反応と言えるもので、
面白いなあと思うところです。

そして、自分の症状の変化に合わせて、
レメディーも変えていっています。

自分の症状を観察しないと
レメディー選びができないので、
おのずと自分に向き合うことになります。

ここも、私は好きな点です。
自分を俯瞰してみることで、
自分自身が見えてくるんです。

自分自身を知ることは、人生を生きるのに
とっても大切なところです。

ただ病気をなくしたいというだけでは、
切ったり抑えたりになるかもしれませんが、
今、その症状を出しているのも、
自分自身そのものなんですね。

今の症状を出し切ったあとには、
何かしら変化しています。
それが、楽しみです。